より良い聞こえのために

より良い聞こえのために

時間がたつと、音をどのように聞いていたのかを脳が忘れてしまうため、補聴器に慣れるまでに時間がかかってしまいます。
ここでは、より良い聞こえのための次のステップをご説明します。これからどのような計画を立てて検討する必要があるかを、下記チェックリストでご確認ください。

 

信頼できる補聴器コンサルタントを見つけましょう。

認定補聴器技能者、補聴器相談医、耳鼻咽喉科医などでもよいでしょう。できれば詳しい聴力検査を医師から受けてください。

 

聴力検査の予約をしましょう。

耳あか、感染、成長など、難聴の身体的な原因がないか、診断を受けてください。聴力検査では、周波数や高さが異なる音を聞き取る能力も測定されます。検査は1時間前後かかる場合がありますが、 痛みはありません。検査結果に基づいて、補聴器相談医や認定補聴器技能者があなたのニーズに最適な補聴器をお勧めします。質問があれば遠慮なくしてください。できるだけ率直に、リラックスしましょう。あなたのことを知れば知るほど、きめ細かいサポートが可能になります。

 

補聴器を選びましょう。

検査結果に従って、認定補聴器技能者があなたの聞こえなどのニーズに最適な補聴器をお勧めします。利用可能な補聴器を自分で調べ、補聴器取扱店で価格を比較するのもよいでしょう。 また、補聴器を購入する際に助成を受けられるかどうかについてもご確認ください。補聴器コンサルタントはあなたに一番必要なものを知っていますが、最終的な判断を下すのはあなた自身です。

 

耳型を採取してもらいましょう。

オーダーメイドの補聴器をお選びいただいた場合、耳の輪郭の正確な複製である耳型を採取します。採取した耳型は補聴器メーカーに送られ、それを基に補聴器が作られます。 耳型を慎重に複製して最適なフィッティングを実現します。 通常、補聴器は数日で完成します。

 

フィッティングの予約をしましょう。

次の予約では、補聴器の微調整を行います。この調整は、オージオグラムとあなた自身の感想を踏まえ、コンピュータを使って行われます。さらに、補聴器の操作方法や、さまざまな環境における音の最善の聞き方について説明を受けます。また、補聴器の挿入、取り外し、掃除、手入れの方法を練習します。

 

経過観察を受けましょう。

数日間、新しい補聴器を装着して日常生活を送ります。聞いた音の印象を日記に書き留めてもよいでしょう。日常生活での音の聞こえ方を参考に、必要に応じてさらに補聴器の調整を行います。